*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

お知らせ


PB116274.JPG

クオンのオリジナルペット兼用クッション! 大好評発売中! 


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


2007年01月18日

タイムリミット

昨日は朝の通勤ラッシュの中、神奈川県にある『麻布大学病院』に
行ってきました電車

かかりつけの病院で撮ったレントゲンフィルムのコピーを
持参しました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

これは来夢のもの。
胴体の約3分の1を心臓が占めています。

通常は赤い丸で示した部分が正常範囲の大きさ。
かなりの肥大が見られます。


P1010837.JPG


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

これは背中から撮ったもの。
向かって左側(左心室・房)が肥大しています。

この病気に特徴ある傾向だそうです。

P1010838_1.jpg


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


病名 : 『動脈管開存症』 以下「PDA」と言います。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

PDAとは・・・

赤ちゃんは母犬のお腹の中にいるときは、肺で呼吸をしていません。
心臓に戻ってきた血液を肺に送る必要がないため、
直接大動脈に流れるように、動脈管という血管が存在します。
この動脈管は出生後、数時間で自然に閉鎖するはずなのですが、
この動脈管が閉鎖しないために心臓から拍出された血液の一部が
大動脈から開存した動脈管をとおり肺動脈に流れるために、
肺と心臓に負担がかかり、結果心臓への血液の量がどんどん増え、
心肥大を招いてしまいます。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


通常であれば、全身麻酔での開胸外科手術を行い、
成功すれば、治ります。

ただ、来夢の場合はその動脈管の横幅が一定ではなく、
入口と出口でかなりの違いがあるそうです。

さらに、血液検査をした結果、腎臓に問題があると言われました。
数値でいうなら、通常の3倍ほど悪い数値が出ていて、
先生も悩んでいらっしゃいました。

つまり、心臓は外科手術で治っても腎臓の機能がどう影響するか・・。
腎不全を起こす可能性もあると言われました。

先生は一刻も早くオペをした方がいいとおっしゃられ、
今日来夢を預かって、1、2日腎臓の数値を改善するお薬を
飲ませてみて、大丈夫であれば金曜日にオペ・・と・・。

ただ、来夢が小さいので全身麻酔のリスクもあるとのこと。


私は率直に多くの学生の研修医さんがいる中、先生に聞きました。


●もし、このまま何もしないでいたら、あとどのくらい持ちますか・・?と・・。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

先生は『おそらくあと1年は持たないでしょう・・』と言われました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

早ければ数ヵ月後には症状が悪化し、結果肺水腫になってしまうと・・。

でもオペしたからといっても、どれだけ延命できるかは
先生もやってみないことにはわからないと・・。

それに・・・費用もオペだけで30万近くとのこと。


ただ・・一刻も早くオペを・・との先生のお言葉は
脳裏に焼きついています。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

私は一人で行きましたので、その場で判断できかね、
今日のところは・・と戻していただきました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


帰りに、ぎんさくさんとドッグカフェでランチの約束をしていました。
のんきなやつだよ・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
もし、誰とも約束をしないで、また電車で来夢と一緒に帰っていたら
ずっと泣いていたに違いありません。

ぎんさくさんとお話できて本当によかったです。
ぎんさくさん、ありがとうございました。
しっかりと帰路に着くことができました。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

金銭面も絡むので、もちろんパパと相談しました。
子供にも聞きました。

私はオペした方がいいかな・・と思っていたのですが
やはりパパは、先があまりにも見えないし、来夢のことを
思ったら、短い間でも楽しい生活にすればいいじゃん・・って。
そして、いつかまた来夢の生まれ変わりで新しい運命を探そうよ・・と
言っていました。

どっちにしても辛い短い命なら、あまり手を加えずに・・というのが
そのときのパパの気持ちでした。

もし、このままオペしない方向で決まったなら
少し、バイトをお休みして、来夢と一緒にいようと思います。


今日、かかりつけの先生とも話してきます。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

誰かと話していないとね・・考えすぎて・・・
涙が溢れて仕方がありません。

みなさん・・いろんなご意見をお聞かせください。


P1010867 (2).JPG


  <カフェにて、検査疲れがちょっぴりの来夢>



●今後の方針●<かかりつけのDr.より>

ニックネーム えこりん♪ at 08:17| Comment(75) | TrackBack(0) | 病気関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする