*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

お知らせ


PB116274.JPG

クオンのオリジナルペット兼用クッション! 大好評発売中! 


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


2008年06月10日

看取れる幸せ

6月7日(土)に銀座でマンマ・リゾ株式会社が主催する
市民講座に参加してきました。



場所は「ホテル銀座ラフィナート」
ここは結婚式場(披露宴会場)にもなっているみたいで
この日も拍手が聞こえたりしたので、どこかでお式があったみたい。



最上階の確か「月の間」で行われたのですが
披露宴会場らしく、いきなり部屋ではなくロビーのような
場所があったんですね。



まさかその奥にセミナー会場があるとは思いもよらず
エレベーターであがったものの、どこかの披露宴に
間違って入ってしまったかと思って何だか超不審者的行動の私でした(爆)



私は一人でこのホテル2階のアニエスカフェという場所で
ランチを食べたのですが、平日は時間限定ですが
《ランチビュッフェ》をやっているそうなので、
今度また行ってみようかな〜と思いますわーい(嬉しい顔)


どなたか一緒に行きません??(笑)


銀座ラフィナート.jpg




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



さて、今日は前回からのずっと続きのお話で「看取り」についてです。





来夢が動脈管開存症(PDA)だと言われたときは最初は手術を考えました。



お金もリスクもかかります。動揺もしてたけど手術にかけてみようと
思ってました。



でも、うちに帰ってから少なくとも宣告されたときより
はるかに落ち着いて家族みんなで考えて、来夢の顔を見て、
かかりつけの先生の話を聞いて・・・



このまま手術はしないで薬で治療していこう。と決めました。



手術をしていたら、今はもっと元気かもしれない。



でもそれは単に結果論。
私は今の治療法で納得しています。賛同しています。



最近はワンちゃんの高齢化も進み、それはとても喜ばしいことですが
何らかの病気にかかるワンちゃんも多いそうで
虹の橋を渡る前には多くのワンちゃんたちが病と闘うんだそうです。




飼い主さんの決断によってその治療法も様々。



そう。私が薬による方針を決めたときのように・・・。



■入院させて治療させる
■病院へ行くことが負担がかかるので往診してもらう
■自然なかたちのまま
■積極的にできる限りのことはおこなう
■痛みだけは抑えてあげる


私がいただいた資料にもいろいろ書いてありました。


もし、新たに病名を宣告されてしまったときは
誰でも動揺してしまうでしょうから、先生にお願いして
病気の治療方法や処方される薬があるのならその名前などを
紙に書いてもらい、その場で判断せずに一度家に帰ることが
望ましいそうです。


(生死に関わるほどの緊急の場合は除きます。)


その場で判断したときは特に後で後悔する可能性があるからだそうです。



またそのときには先生に
「動揺しているので今は考えられません」と伝えることが
とても大切だとおっしゃってました。



そして、たとえどんな治療法を選んだとしても



最期は飼い主さんに看取られて亡くなるのが一番理想なんですよ。。



と講師の阿部先生はお話されました。



今までのレスで過去愛犬とのお別れをされてきた方のお話を聞くと
やはり目の前で看取れなかったというのは
悔しい要因の1つになりえますものね。



ワンちゃんの大好きな飼い主さん・・・



一つでも多く「ごめんね」から「ありがとう」に変えられるように
今からでもいっぱいいっぱい接してあげられればと思います。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-




よし手(グー)   今日はお散歩に行こうexclamation×2



    でもお腹空いたダッシュ(走り出すさま)




         ・・・たまには浮気しちゃお顔(ペロッ)




P6032736.JPG


        モスバーガー・ポテト・コーヒーシェイク
  
     (お家に帰ってからグリーンレタス投入るんるん



*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


      ランキングに参加しています〜
      1日1クリックお願いします!!


 バイト休職中だからさすがに買い物しづらいのよね〜(爆)



yorkshireterrier88_31.jpg   maltese88_31.jpg




ニックネーム えこりん♪ at 13:32| Comment(56) | TrackBack(0) | セミナー・教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね。「犬と私の10の約束」にも
“私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください”ってありますもんね。
途中経過はどうであれ、最期のときは
飼い主さんに看取られるのがワンちゃんにとって、
最高の幸せなんじゃないかって思います。
ランチビュッフェ美味しそう〜黒ハート
私お供しま〜するんるん
Posted by ミルクママ at 2008年06月10日 14:36
そうですね。その場にいて看取れなかったことが母の一番の後悔でしたから。
せめて最期は見送ってあげたかったと。
ワンちゃんにとっても飼い主にとっても、最期の時を一緒に過ごすことは大切なことなのでしょう。

ラフィナートでそんなビュッフェをやってるって、知りませんでした。おいしそー。
今度いらっしゃる時は、ご連絡くださいね。
私もご一緒したいです♪
モスバーガーも美味しそうだわ。おなか空いてきちゃいました(笑
Posted by gon at 2008年06月10日 16:03
いいお話しを読ませて頂きました顔(チラッ)
私は日頃から延命治療より緩和ケアを…と
考えています 病状にもよりますが
原則としてはそう考えています そして
犬育てが最優先課題という意味でも
自分自身の健康管理に関心を持っています
半病人の私なので余計に気を遣います
最期を看取りたい!この手で送りたい!そう考えています猫(足)
Posted by 専業主婦 at 2008年06月10日 20:09
最後を慣れない病院で迎えるっていうのは、
動物の場合は理由がわからないだけに
つらいでしょうね。やはり、最後は家族が見守る
中で迎えさせてあげたいですよね。
でも、その覚悟を家族がしっかりもたないと、
なかなか最後を看取ることができませんね。
つらいことだけれど、それだけに普段から心構えを
持っておく必要がありますね。悲しいことだけれど、
必ずくることですから。
Posted by リリーママ at 2008年06月10日 20:19
たくさんの「ごめんね」が「ありがとう」
になるように・・・。

すごく納得です。
わんこの為を思って選んだことなら
きっと「ごめんね」はないかもですね。

実家の15歳は未だに元気はつらつです。
一番わがままで一番頭がよくて
一番かわいい子です。
15歳だし長生きしたとしても
せいぜいあと5年ほど。
元気におもちゃで遊ぶ姿を見てるとまだまだ
大丈夫なんて思っちゃいます。

でも最後の最後に悲しい思いをさせないようにちゃんとありがとうって言えるように
したいですね。
Posted by CHIKO姉 at 2008年06月10日 20:42
私にとって『最期を看取る』って言う事はまだまだ先の事ですが
ハッキリ言って冷静で居られるか・・・チョッピリ不安・・・
って言うのが正直な気持ちです。
でも、『この手で看取ってあげる』と言う気持ちに変わりはありません。
もう後悔はしたくないですからね・・・
その日が来た時笑顔で『ありがとう』って旅立たせてあげる事の出来ような
強い母になりたいと思ってます!!

モスバーガー!マジ食べたいッス(笑)
Posted by ムーマ at 2008年06月10日 20:45
こんばんは。

今日も色々と教えて頂いて
有り難うございました。
たくさん有り難うって言える様に
接していきたいです。
有り難う。
Posted by 3ワンの母。 at 2008年06月10日 21:15
こんばんは〜
ありましたね。その言葉。
最期を看取るっていうのが大事なんだな〜と改めて思いました。
どうしようもないときもあるかもしれませんけど、自分のポリシーとしては入れておきたいですね。
でしょでしょ〜ランチビュッフェいいでしょ!!
駅からも近いし〜(私は都営浅草線宝町駅利用徒歩1分)!!
よーし!じゃあ遠慮なく(笑)セッティングしちゃいますよ〜〜
Posted by 【返信:ミルクママ様】 at 2008年06月10日 22:21
こんばんは!
そうですよね。目の前で最期会えないのは人間でもそうでしょうけど、悔いが残りますよね。
もちろん、仕方ないときもたくさんあるんでしょうけどね。。。
ラフィナート、ご存知なんですね〜♪
私、建物見たときに会館的イメージで入ってしまって・・
あれ?あれ?って一度エレベーターで1階に戻ったりしたんです(笑)
うわ〜!gonさん、東京お詳しそうですものね!
こりゃいろいろ他にもいいところ教えていただいちゃお〜
Posted by 【返信:gon様】 at 2008年06月10日 22:25
こんばんは!
今回もわざわざレスいただきましてありがとうございますペコリ(o_ _)o))
そうですね〜。できる限りのことはしてあげたいですが
なるべくなら負担やリスクの少ないものをやってあげたいですね。
確かに自分の健康管理というのはわかります。
専業主婦さんはお体の具合が万全ではないのですね。。
なおさらそう思うのも納得です。
私も飼ったからには最期はちゃんと見届けてあげたいです。
Posted by 【返信:専業主婦様】 at 2008年06月10日 22:30
今から最後を考えるだけで胸が熱くなりますが寿命まで精いっぱい愛情を上げたいですよね!お母さんから離れて我が家を家族と受け止めてくれたのですから・・・。手乗り文鳥を地震後から買い始め7年寿命と言われながら11年生きてくれて最後は綺麗なままコトンでした。家族で泣き明かし思い出の品も入れ地に返した後rilyを迎え覚悟は出来ているはずなんですが・・・。出来れば胸に抱いて最後を見送りたいですね!
Posted by rilymama at 2008年06月10日 23:21
えこりん♪さんコメント頂いてたのに
訪問おそくなってごめんなさ〜い(いつもの事ですが)
お勉強会のレポート読ませていただきました!
ネネはね。。。
「ロミオとジュリエット」タイプです〜。
ヤバイですね。トトロに依存しすぎです。
まだまだ先の事でしょうが
もっとネネがしっかりしなきゃ!
実家のプードルはね15年以上も一緒に暮らしたのに
最期を看取ってやれなかったんで今も後悔。
今後は後悔しない様にまだまだ先の事にしても
心構えは必要ですね。
Posted by ネネ at 2008年06月10日 23:49
市民講座の内容、読ませて頂きました。
今日、私も獣医さんのセミナーを受けてきたんですよ(^^)

えこりんさんが、講座を受講されるお気持ちよーくわかります。
私も勉強熱心な訳じゃなくて、自信ないから^^;
私の場合、お話はいつも真剣に聞いてますが、
いざとなった時、それを思い出せるのか?
全くもって自信なく^^;

でもこれも、私がシュガーを想う一つの愛情なんです。
100聞いたとしても、いくつ実践できるかわかりませんが、もし1つでも勉強したことが、シュガーに為になればいいなって思っています。

私も、シュガーを胸に抱いて・・・って考えただけで、涙が溢れてくるんですが^^;
でも、絶対そうしたいって思います!
Posted by aco at 2008年06月11日 00:24
ランチバイキングいいですね〜
若かりし頃は大食だったからよく行ったもので(^。^)
宝町なら会社から10分かからないなぁ‥
でも昼休みじゃ時間足りなくて、元取れないゎ( ̄ε ̄)ぶー

愛犬との別れや看取りの事、そして病気を告げられた時の事‥
思えば、頭によぎってもかき消すばかりで、冷静に
考える機会なんて無かったです。
いつか来ることなのだから、目をそむけてはいけないなと
自分に言い聞かせつつ、今回のレポ読んでます。
続きもがんばってくださいね〜Hello顔(笑)
Posted by オリ母 at 2008年06月11日 00:25
今日は頑張ってのぞきに来たわよ〜!
何と素晴らしい連載をやっていたのだね。
ご無沙汰してしまい申し訳ありません・・・

私はね、スイート10レベルでしたよ!
えこりんさんは新婚レベルだったのね〜
どの記事もすごく考えさせられたわ。
私はハナが初めてのワンコだし、情深い女だから(笑)彼女のいない生活や彼女の死・・・考えられないわ。

そして既にペットロスの本を図書館で借りてる私〜これっていいのかな?
その本にも「思いっきり泣いていいんですよ」ってありました。
我慢して心の中に押し込むのはいけないのね。

私やえこりんさんはブログがあるから、必ずやってくるその日、ブログ仲間がいるからね。
思いっきり泣いて吐き出して共感してもらいましょうね。
Posted by ハナオンマ at 2008年06月11日 00:38
初めまして^^病気のわんこと暮らしていると、
色々考えてしまいますね。
私は1わんを亡くして一年が過ぎましたが、ようやく「ごめんね。」より「ありがとう。」が増えた様に思います。
やはり時間。が大切なんですよ。。。↓90点ですし^^;
今は3シュナと暮らしております。失う事にかなり敏感になっている事も事実です。
日々。後悔の無い様に・・ワンコと過ごすいい日。となるように祈るばかりです。。
マンマリゾ!うちも食べてます♪
Posted by おぎわん at 2008年06月11日 01:29
市民講座のお話よみました。
わたしにとってもなっつがたった一人の家族。看取ることを思うとそれだけで気が滅入ります。
でもね。一緒に居る時間を精一杯楽しんであげるのが大事かなって思いますよ。
お留守番も多いけど、その分帰宅したら即散歩とか頑張ってるつもりです。
もし、ライちゃんやチャッピーちゃんになにかあったら、いつでも電話してくださいね。

銀座ランチいいですねぇ!
前もって言っていただければ休みとりますよ♪
Posted by みかん at 2008年06月11日 02:13
詳しい経過は知らないのですが、お友達のマルチーズちゃんが、病院で人工呼吸器をつけたんだそうです。
でも、それをはずしたら生きられない。ただそこで寝て呼吸をしているだけ・・・
彼女は自分で、その呼吸器をはずすことを選択されました。そして、自分は安楽死させてしまった、とかなり悩んでいらっしゃったんです。
どこまでの治療をするのか・・・それも難しいですね。
Posted by 雛のママ at 2008年06月11日 03:38
手術するかしないかの判断は確かに
難しいですよね。
実家にシェットランドが私が小学生の
時にいたんですが、てんかん持ちで当時は
フィラリアの薬ができなかったんです。

で我が家にきて8年目にフィラリア発症。

もちろんフィラリア薬を服用してないので
もうほぼ手遅れで手術・投薬の選択を医師から
言われましたが、手術の成功確立の低さに
いじるのはかわいそうだと家につれて帰りました。
(その時医師に後、2・3時間の命だねと
言われ、キレて帰ってきました。)

翌日の朝まで頑張って、母の手の中で永眠
しました。

私は悲しかったけどそれでよかったと
思いました。
痛い思いして、ちょっとだけの命をより、
安らかに看取るコトができて。。。


ライちゃんの手術話で思い出しました。

やっぱり親が看取ることの重大さって
ワンにはすごく安心なことなんじゃないかな〜
と考えさせられました・・


すごくいいセミナーですねわーい(嬉しい顔)
長々とすみません
Posted by あっちゃん at 2008年06月11日 13:09
先日、私の知人に数ヶ月前にバーニーが
逝ってしまったお話をして、
自分はバーニーの最後を見送れなかったと
悔やんだお話をしたところ、
犬は自分の死が来る時が判るそうで、しかも犬は、
誰にも自分の死を見て貰いたく無いそうで
彼女の飼っていた病気の犬も死ぬ前日に
どこかに逃亡してしまったそうです。
それを聞いてその時は、少し楽な気持ちに
なりましたけどやっぱり私は人間なので
できる限り最後まで愛犬の側で、
見届けてあげたいな〜と思っています。



Posted by kimy at 2008年06月11日 13:17
病気になった時の事や最期の事や
ペットロスについて主人と話す時が
あります。
病気になった時、もっと言えば、
安楽死をさせるかどうか選択を迫られた
時どうするか…
どちらかがペットロスになった時
どうするか…
2人共ペットロスになったら
どうするか…
まだまだ真剣に話し合っているわけではないので話は途中で終ってしまいます。

私は、3ワンとも最期は看取りたいと
思ってます。

私はえこりん♪さんの前の記事の質問
45点でした。




Posted by みるくママ at 2008年06月11日 17:23
こんにちは〜♪
いろいろお勉強して、こうして報告してもらえて、私にも参考になります。
私にとってワンコは初めてなので、自分がその時、ペットロスになってしまうか、すぐ立ち直れるか、分かりません。
だから、その時に後悔しないように、いろいろ考えておこうと思っています。
最期は、私の腕で抱っこして、ニコッとしながら「いい子ね、愛してるよ、ありがとうね」と、一緒にいることですね。

「共有してもらえる人」は、えこりんさんをはじめ、ブログにたくさんいるので、とっても心強いです!
Posted by lily at 2008年06月11日 20:19
私も最期は“ありがとぅ”ってお別れしたぃわ…
あとね、最期は笑顔でお別れしたい。
きっと、目は涙ボロボロ。鼻水ダラダラだろぅけど、笑顔で“ありがとぅ”って言いたい。
だってさぁ〜、ぼんビビテトが最後に見る飼い主の顔が寂しそうな顔だと、きっと“お母しゃん、どぉ〜したの?”って心配されちゃいそぅ〜な気がするから…
あぁ…想像しただけでも涙が出そうになるわ…

ぼんはさぁ〜今、薬のお蔭で延命治療って感じでしょ?
母親が通院している私の体調を心配して“自然にまかせなさい”って言うんだけど、薬を飲んでさえいれば元気でいれるのに、薬をやめた途端にどんどん衰えていく姿なんて見たくないじゃん?
だから私は出来るだけのコトをしてあげたぃ。って思う。
Posted by いなだ at 2008年06月11日 20:52
その家庭の環境や考えも色々…
その子の生死をさまよう年齢や状況も色々…
要は後悔しないってことではないかと思います。
これでよかったんだと家族が思えればそれでいいのかもしれません。

トーマスも13歳…。
あれこれ考えないわけにはいきませんが
その時になったら思っているようにできるかわかりません。

龍ちゃんは急だったので入院させないわけにはいきませんでした。
最後は病院でしたが病院のスタッフに精一杯してもらい見守られて
旅たててよかったと思っています。
残念ながら急変して家族はその瞬間に間に合いませんでしたが…
頑張っていた様子も病院側から聞けたし
龍ちゃんも決して孤独ではなかったと思っています。

私はすでに十分トーマスにありがとうと言えますが
トーマスにも最後ありがとうって思ってもらえるよう
考えなくては!と思っています。
Posted by Club Thomasの母 at 2008年06月11日 21:05
看取るって今や親を子が看取るのも難しくらいだから、ワンコを家で看取るのだって大変な事になってきてると思います。
うちは飼っていた猫が母の腕の中で…だったので、すごく幸せな猫だったと思ってます。猫って死を覚悟すると家出しちゃうっていうでしょ?
いつかは来る日、でもできれば後から後悔しないようにその日を迎えたいね。
Posted by Nao at 2008年06月11日 22:17
私…考えても仕方がないことは考えないタイプなんですが、わんこのこれからのこと、その時のこと、ちゃんと考えていかなくちゃいけないんだなぁと痛感しました。
でも、やっぱり考えたくないけど…。
講座をこうしてレポしていただけてありがとう〜<(_ _)>
Posted by プーmama at 2008年06月12日 02:14
おはようございます〜
緊急だったり、急変だったり、いろんなケースが考えられるとは思うんですが、なるべく理想に近い形を望みたいですよね。
特に来夢のように持病があるとなおさらいつ何が起こるかわからないのでとっても心配です。
今はいつも一緒にいてあげることだけを思っていますけどね(^^;)
Posted by 【返信:リリーママ様】 at 2008年06月12日 09:06
確かに・・・
最後には一緒にいられるって
一番ののぞみで
でも
贅沢なのかも・・
しれない・・
初代の時を思い出しつつ。。
おもってしまったわ〜
できるなら
最後は皆一緒で。。
Posted by 拓ママ at 2008年06月12日 09:26
おはようございます〜
15歳で元気ハツラツ!!
ありがたいですね〜とっても親孝行だわ(笑)
そうですね!
私も来夢を見てると本当に元気で
まだまだ大丈夫〜なんてのんきに思ってしまいます(^^;)
たくさんの「ありがとう」が言える様に私も頑張ります!

Posted by 【返信:CHIKO姉様】 at 2008年06月12日 09:29
おはようございます〜
いやいや。私もパニックになってしまうと思います。
自信もないですし・・・。
>モス
いつもね〜モスバーガー食べちゃうの。
今日は他の種類食べようと思っても結局モスバーガーなの(笑)
Posted by 【返信:ムーマ様】 at 2008年06月12日 09:31
おはようございます〜
いざそのときになったらうまく言葉で表現できるかわかりませんが
できる限り「ありがと〜」を言いたいですね。
それには今から頑張ってちゃんと接してあげないとですね!
あ〜今日もこちらは雨です(T∇T)
Posted by 【返信:3ワンの母。様】 at 2008年06月12日 09:32
おはようございます〜
私もこうしてお返事を書いているだけでもウルウルしちゃます。
手乗り文鳥さんがいらしたんですね〜
毎日いい声を届けてくれたんでしょうね♪
鳥ってそんなに長生きなんですね〜知りませんでした(^^;)
7年でもすごいけど11年ですか!
それは愛情の賜物でしたね*^^*
私もチャッピー、来夢共、しっかりこの手で抱いて送ってあげたいです。
Posted by 【返信:rilymama様】 at 2008年06月12日 09:35
おはようございます〜
いえいえ。こちらこそご無沙汰です!
ネネさん、ロミジュリちゃんでしたか〜(^^;)
やはりどんなに愛情かけて生活していても最期の看取りって心に残るものなんでしょうね。
>今も後悔
仕方ない場合もあるでしょうけど、お気持ちとてもわかります。
私も今の気持ちとしては何が何でも最期は目の前で見送ってあげたいです。
Posted by 【返信:ネネ様】 at 2008年06月12日 09:37
おはようございます〜
うわ〜!acoさん、例の獣医さんのセミナーですね♪
私も新幹線で行きたくなっちゃう〜〜(@≧∀≦)ノ
>自信がないから
ですよね〜。今の自分には知識と経験がなさすぎて不安なんです。
私もこうしてお返事を書いているだけでも自分のことに置き換えて考えてしまい、目頭が熱くなります。
まだまだ先のことでも心構えは必要ですものね。
Posted by 【返信:aco様】 at 2008年06月12日 09:40
おはようございます〜
ランチバイキングいいでしょ〜
おっ!会社のお近くなんですね♪
いつも都内までお仕事通われているんですね〜お疲れ様です(^^;)
( ̄ε ̄)ぶー!!(マネ)元取れませんか〜〜(@≧∀≦)ノ残念!
私もチャッピーや来夢がいなくなることなんてホントは考えたくありません。縁起でもない〜〜って思います。
でも、来夢の病気がいつ進行しても慌てずに対処できるようにと改めて考え直しました。
Posted by 【返信:オリ母様】 at 2008年06月12日 09:44
おはようございます〜
ミシンふみふみしてますか??(^^;)
お疲れ様です〜〜
いえいえ。また長々とレポしてます(@≧∀≦)ノ
おお〜スイート10でしたか!
やっぱりブロ友さんの集計では一番多いかも!
図書館でそれっぽいのお読みになってるんですね〜
こうしてブログをやってるというのはいいですよね。
不特定多数の方が閲覧するから全部がいいというわけではないかもしれませんけど、共感してくださる方を見つけるのは早いでしょうね。
Posted by 【返信:ハナオンマ様】 at 2008年06月12日 09:47
おはようございます〜
この度はご訪問ありがとうございました。
先代犬を亡くされてまだ1年ですか・・。
そのワンちゃんに対する思いというは本当にいろいろで時間をかけて「ありがと〜」に換えていくものなのかもしれませんね。
お気持ちお察しいたします。
糖尿病のワンちゃんもいらっしゃるとのこと、日々病気についてのご心配もおありでしょうね。
来夢も先天性ですが、病気持ちですからわかります。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
Posted by 【返信:おぎわん様】 at 2008年06月12日 09:52
おはようございます〜
何匹飼っても慣れるなんてことはないんでしょうけど、
私は特にチャッピーと来夢が初めての飼い犬だし、何がどうなってしまうのか想像もつかないのでそういう不安はとてもあります。
なっつちゃんはボール遊びやフリスビーで遊んでもらって
とっても幸せな日を送っていますものね!
私もチャッピーと来夢の大好きなお散歩をもっともっと頑張らなくちゃ!
銀座ランチいいでしょ〜〜
おお〜前もって予定すればお休み取れるんですね〜(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
Posted by 【返信:みかん様】 at 2008年06月12日 09:55
おはようございます〜
この「安楽死」についてのお話も実は今回の講座でありました。
でも、いろんな見解が人によってあるかな〜と思ってあえて記事として取り上げませんでした。
その雛のママさんのお友達さんのお気持ちもとってもわかりますが
私もきっと同じことをしたと思います。
それによって後悔したかもしれませんが、私はいつかきっとそれでよかったんだと思える日がくると信じています。
安楽死っていう言い方がいまいちですよね。
安心死とかのほうがまだいいと思うのは私だけかしら・・。
Posted by 【返信:雛のママ様】 at 2008年06月12日 09:59
おはようございます〜
お体大丈夫ですか?
いよいよですね〜

昔の話を思い出させてしまいましたね。。。
8歳だったんですね・・。
私の祖母の家で飼ってたGシェパードもフィラリア症でした。
私はまだ小さかったし、あまり絡みがなかったのでそのときは
「ふ〜ん」って感じでした。
お母様の腕の中で眠ったんですね・・それはよかったです。
私もチャッピーと来夢はこの手で見送りたいです。
Posted by 【返信:あっちゃん様】 at 2008年06月12日 10:05
おはようございます〜
犬が自分の死を誰もいない場所で迎えるというのは私も聞いたことがあります。本能なんでしょうかね。。。
たとえチャッピーや来夢にそういう本能があったとしても
私もできる限り自分の手の中で送ってあげたいです。
そして「ありがと〜」って伝えたいです。
Posted by 【返信:kimy様】 at 2008年06月12日 10:08
おはようございます〜
さすが45点!!
今までの最低点だと思います!(←あ、褒めてますから。)
すでに旦那様と一緒にそういう話もされてるんですね〜
たとえ話が途中で終わってしまってもそういう話す機会を持たれていらっしゃるなんてすごいです!
私は自分一人で考えてるな〜(笑)
そもそも我が家では飼い主は私だけだと思ってますし(@≧∀≦)ノ
Posted by 【返信:みるくママ様】 at 2008年06月12日 10:11
おはようございます〜
こうしてブログを通して普段元気なときからの行動をやりとりしておくと万が一困ったときにも、いろんなアドバイスや意見などが聞けて助かりますよね。
私もブログは味方につけたいです。
もちろん、たくさん泣くと思います。悲しい涙も出続けると思いますがそれでもありがと〜って言える日が来ると思っています。
これからもよろしくお願い致します(@≧∀≦)ノ
Posted by 【返信:lily様】 at 2008年06月12日 10:17
その通りです。以前私もコメントしたかも知れませんが、飼い主に最後は一緒にいてあげるのが一番幸せだと獣医さんに言われました。
なので事故にだけは遭わないよう思います。
来夢ちゃんと真正面から向き合い、優しく勇気を持ってそして一緒にいることを楽しんでおられるママさん、尊敬です。
そしてウチのななにも感謝です。幸せな時間をもらっていますよね♪
Posted by ななママ at 2008年06月12日 10:19
おはようございます〜
体調はいかがですか?
>笑顔
そうですよね。その最期に笑顔がこぼれるように今から楽しい思い出をたくさん作らなくちゃですね!
ぼんちゃん、お薬のお陰って・・
それは来夢も同じですよ〜。薬止めたら悪化すると思います。
お薬のお陰で元気なんです。
あれこれ不要な検査だったり、何回も手術したりとなると
話は別ですが、お薬くらいなら私も賛成ですよ。
Posted by 【返信:いなだ様】 at 2008年06月12日 10:21
おはようございます〜
>これでよかったんだ・・
まさにそうですね。家族が納得できる最期の迎え方をしたいですね。
ありがと〜も私達飼い主側から、そして愛犬側からお互いにやりとりできれば嬉しいですね。
チャッピーや来夢からも言ってもらえるように頑張ります!!
Posted by 【返信:Club Thomasの母様】 at 2008年06月12日 10:26
おはようございます〜
育児お疲れ様です(^^;)
そうですよね〜。人間でもなかなか最期を看取るというのは難しいんだと思います。
自分の親だと特に離れて暮らしてますしね。
猫ちゃん、お母様の腕の中での最期だったんですね〜
ほんとによかった!
私もチャッピーと来夢はこの手の中で逝かせてあげられたらと思います。
Posted by 【返信:Nao様】 at 2008年06月12日 10:30
おはようございます〜
私ももし、チャッピーだけだったらきっとまだな〜んにも考えなかったと思います。
でも来夢が来てから本当に考えが変わりました。
病気を持ってるというのはある意味覚悟が必要です。
いつ最期が来るか心配になります。
来夢なんてましてや1歳になれないといわれ、もうその年齢を過ぎてしまっているんですから・・。
後悔しないためにも、考えておかなくては・・と思ったんです。
最期はちゃんと見届けたいですね。
Posted by 【返信:プーmama様】 at 2008年06月12日 10:33
おはようございます〜
私も先代の拓ちゃんの記事は拝見しましたし、泣きましたし
今も覚えています。
最期何度も行ったり来たりしていたとき・・
来夢の最期はどんな風だろうと置き換えて考えました。
拓ママさんのお気持ち、ご家族の思い・・
すべてすべて・・・よかったんだ・・って思いました。
私も先代の拓ちゃんのブログでいろんなものをいただきました。
最期は一緒に迎えたいですね。。。
Posted by 【返信:拓ママ様】 at 2008年06月12日 10:55
おはようございます〜
私も前回のななママさんのお言葉を拝見したときに
そうよそうよ!そうなのよ〜〜
これからそれを書くつもりでいたんです!!と心の底から思いました(笑)
もちろん、病気が急変したりして無理な場合もときとしてあるでしょうけれど
できれば一緒に居ることを望みますよね。
事故や迷子などは本当に私たちが気をつけなければなりませんね。
Posted by 【返信:ななママ様】 at 2008年06月12日 11:21
今まで、たくさん たくさんの 看取りの場面にご一緒させていただきまいした。(犬ではなく、人のこども、でしたが・・)
いつも、それは
悲しく 淋しいものでした。

だけど、
残った人が、先に天使になった人にしたことは
数えきれない。
天使が残った人に残してくれたものは
何ものにも代え難い宝物。

私には、いい看取りを語るだけの
考えも経験も知識もないけれど・・・
お互いに
ありがとう、って思える瞬間であったら素晴らしいですね。

PDAのオペ・・・
したらもっと元気になったかもしれないけど
しなかったから元気でいられるのかもしれません。
そのとき、いっぱい迷って考えたその結論がベストだったって、思います!!

ランチ・・
是非、ご一緒したいですぅわーい(嬉しい顔)

Posted by NAO at 2008年06月12日 11:47
こんばんはわーい(嬉しい顔)
なんだか読んでいて考えさせられました顔(え〜ん)あせあせ(飛び散る汗)
ほんとうですよね・・・

えこりんさんが選んだ選択間違ってないと思いますよあせあせ(飛び散る汗)
一番来夢ちゃんの事を愛している人たちが決めた決断ですからねウサギ

ランチ美味しそうですね黒ハート
一緒したいのですが仕事が今繁忙期なので
残念です

Posted by ファンタまま^^ at 2008年06月12日 20:17
看取れる幸せ 言葉その通りですね。
家ももう11歳 色んなことが起きてきているのも事実です。
最後は見取ってあげたいとは思っているのですがこれから何があるかわからないのも確かです。
でもまめは私たちがそばにいてあげるのが1番だと思うので出来る限りのことはしてあげたいです。
まめがたくさんの幸せをくれるので感謝です。
Posted by yumi at 2008年06月12日 21:20
こんにちは!
お返事遅くなりました。

そうでしょうね。。。
そんな日はやはり落ち込んでしまうものなのでしょうね・・。
はい。やはりお互いにありがと〜って言い合える関係がいいですよね。
私も同感です。

そうですね。来夢の手術については
本当に迷いましたが
今はとっても元気だし、私も後悔していません。
来夢の場合は腎臓も悪く、たとえPDAを治したからといって腎臓も治るとは限りません。それに麻酔についても腎臓が悪いということでリスクもより高くなったので、手術はしないことに決めました。
来夢はある意味「バランスがとれている」と先生からも言われています。

ランチ〜是非是非!!(笑)
Posted by 【返信:NAO様】 at 2008年06月15日 13:03
こんにちは!
お返事遅くなりました。

ありがとうございます〜♪
いろいろ迷ったのですがあのときの決断で今でもよかったと思っています。
何よりも来夢の元気な姿を見られるだけでも嬉しいですからね〜
お仕事お忙しそうですね(。>ω<)。
また今度時間があったら一緒に遊びましょうね〜〜
Posted by 【返信:ファンタまま^^様】 at 2008年06月15日 13:05
こんにちは!
お返事遅くなりました。

最期にありがと〜って言えるといいですよね。
来夢も持病があるのでいつ何が起こるのかわかりません。
元気なので大丈夫だろうとは思っていますけどね(^^;)
まめちゃんからもらったものって本当にたくさんあるんでしょうね〜
私もチャッピーと来夢にありがと〜って言ってもらえるように頑張ります!
Posted by 【返信:yumi様】 at 2008年06月15日 14:07
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1407495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック